ホーム > > 在留資格「家族滞在」について

在留資格「家族滞在」について

在留資格「家族滞在」について

 

在留資格「家族滞在」で行うことができる活動

教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、文化活動の在留資格をもって在留する者又は留学、就学若しくは研修の在留資格をもつて在留する者の扶養を受ける配偶者又は子として行う日常的な活動

 

在留資格「家族滞在」の基準

申請人が教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能、文化活動の在留資格又は留学、就学、研修の在留資格をもって在留する者の扶養を受けて在留すること。

PAGE TOP