ホーム > > 在留資格「法律・会計業務」について

在留資格「法律・会計業務」について

在留資格「法律・会計業務」について

 

在留資格「法律・会計業務」で行うことができる活動

外国法事務弁護士、外国公認会計士その他法律上資格を有する者が行うこととされている法律又は会計に係る業務に従事する活動

 

在留資格「法律・会計業務」の基準

申請人が弁護士、司法書士、土地家屋調査士、外国法事務弁護士、公認会計士、外国公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士又は行政書士としての業務に従事すること。

PAGE TOP