ホーム > 遺言

遺言

遺言作成

 

 遺言はあなたの「遺志」表示です。遺言により、自分の財産をどのようにして欲しいのかを自ら決定できます。また、あなたの「遺志」を相続人に伝えることで、相続人間の紛争を未然に防ぐことができるかもしれません。
 遺言は要式行為といって、一定の方式によることが必要な行為なので、方式に違反すると無効になってしまいます。
 遺言作成について専門家である行政書士がサポートいたします。 お気軽にご相談ください。
will.jpg
鈴木法務事務所のサポート内容
  1. 遺言作成に関するコンサルティング
  2. 公正証書遺言など遺言作成サポート
  3. 遺言書の保管
  4. 遺言執行手続
最善の結果が得られるように万全の体制でサポートいたします。

お問い合わせの方はこちら >>

遺言の種類

遺言の方式

 遺言には普通方式と特別方式がありますが、通常作成するのは普通方式遺言の3種類です。
当事務所でも普通方式遺言の作成をサポートします。

普通方式遺言

自筆書証書遺言:
遺言者が遺言書の全文、日付、氏名を自筆で記述し、押印した遺言。遺言書の検認が必要。
公正証書遺言:
遺言者が、遺言内容を公証人に口授し、公証人が作成する遺言。証人2名が必要。遺言書の検認が不要。
秘密証書遺言:
遺言書を封筒に入れて封をし、それを公証人が証明する遺言。証人2名必要。遺言書の検認が必要。

お問い合わせの方はこちら >>

遺言作成の流れ

遺言に関する手続の流れ

1.ご相談、お申し込み  
arrow.jpg  
2.打ち合わせ、内容確認  
arrow.jpg  
3.遺言作成サポート  
arrow.jpg  
4.完了のご報告  
arrow.jpg  
5.費用のお支払い  

お問い合わせの方はこちら >>

手続費用

遺言に関する当事務所の手続費用は次のとおりです。(税抜き)

 遺言についてのご相談(面談)  5,000円/1時間
 自筆証書遺言作成  15,000円~
 公正証書遺言作成  60,000円~
 秘密証書遺言作成  60,000円~
 遺言書の保管

 5,000円(年額)

 遺言執行  200,000円+
 相続財産価額の2%

お問い合わせの方はこちら >>

PAGE TOP