ホーム > スタッフブログ > > 永住許可に関するガイドラインの改定
スタッフブログ

永住許可に関するガイドラインの改定

永住許可に関するガイドラインが平成29年4月26日に改定されました。

改定のポイントとして、注目すべきは、高度専門職(高度人材外国人)の方が

永住許可を受けやすくなったことです。

①出入国管理及び難民認定法別表第1の2の表の高度専門職の項の下欄の基準を定める省令

(以下「高度専門職省令」という。)に規定するポイント計算を行った場合に70点以上を

有している者であって,次のいずれかに該当するもの

ア  「高度人材外国人」として3年以上継続して本邦に在留していること。

イ  3年以上継続して本邦に在留している者で,永住許可申請日から3年前の時点を基準として

高度専門職省令に規定するポイント計算を行った場合に70点以上の点数を有していたことが認められること。

 

②高度専門職省令に規定するポイント計算を行った場合に80点以上を有している者であって,

次のいずれかに該当するもの

ア  「高度人材外国人」として1年以上継続して本邦に在留していること。

イ  1年以上継続して本邦に在留している者で,永住許可申請日から1年前の時点を基準として高度専門職省

に規定するポイント計算を行った場合に80点以上の点数を有していたことが認められること。

 

弊事務所では、「高度専門職」への在留資格変更や「高度専門職」からの永住許可の申請の

お手伝いをいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.jurist.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/176

コメントする

PAGE TOP