2014年8月

サイトリニューアルしました

この度Webサイトのリニューアル、再構築を行いました。
今後もさらに成長を遂げ皆様のお役に立てるよう努めていく所存であります。
皆様におかれましてはこれまで同様、ご支援、ご指導の程よろしくお願い申し上げます。

新宿歌舞伎町での風俗営業許可

 例えば、新宿歌舞伎町でキャバクラ、スナック、ホストクラブなどを開業したい場合、どのような手続きが必要か

説明いたします。

 キャバクラ、スナック、ホストクラブなどは、お店でお客様を接待して、遊興又は飲食をさせる営業をすることに

なるので、風営法では、風俗営業許可(2号 社交飲食店)が必要となります。

 

 通常は、開業にあたって、店舗を探して、気に入った店舗が見つかったら、賃貸借契約をすると思いますが、

それだけでは、すぐには営業できません。

 ちなみに、風俗営業はどこでもできる訳ではなく、用途地域や保護対象施設からの距離制限など風営法で決められ

ており、店舗の賃貸借契約を結ぶ前に、営業できるか確認が必要です。新宿歌舞伎町の例では、歌舞伎町一丁目と

二丁目(9番、10番及び19番から46番まで)は特定地域といって、保護対象施設の距離制限がありません。

 

 開業する店舗を契約したら、開店に向けて、内装や設備などの工事をすると思いますが、手続き的には、まず、

保健所に飲食店営業の許可申請が必要です。

 風俗営業許可の申請は、警察署にしますが、その前に、保健所に飲食店営業の許可申請をして、許可が下りたら、

風俗営業許可の申請を警察にすることになります。

 歌舞伎町の店舗の場合、新宿区保健所に飲食店営業許可の申請をします。

 許可が下りるためには、厨房やトイレなどの設備が、許可要件に合わなければならないので、店舗の設備の確認

が必要です。保健所の担当者が店舗に来て検査をします。検査が通れば、許可証が発行されます。

新宿区区役所の場合、通常、申請から許可証交付までが1週間位です。

 

 保健所から許可証が交付されたら、風俗営業許可申請ができます。

 風俗営業許可申請にあたっては、店舗図面、周辺地図、住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書、

店舗賃貸借契約書、使用承諾書などの書類を準備することが必要です。

 準備する書類の中でも、店舗の図面は、正確な計測に基づいた詳細な図面が求められています。

 申請書類一式の準備ができたら、歌舞伎町の店舗の場合は、新宿警察署に風俗営業許可申請をします。

申請後、浄化協会の担当者による店舗の実査があります。歌舞伎町(新宿警察)の場合、申請から風俗営業許可

までは、通常50日位です。

 

 風俗営業許可までに、保健所の飲食店営業許可も含めると約2ヶ月必要なので、開業する方にとってはその間

も家賃などの経費負担を強いられ、一刻も早い開店を希望していると思います。

行政書士に風俗営業許可申請を依頼するメリットとしては、風俗営業許可申請を熟知した行政書士が店舗図面等

の作成、申請手続きを行えば、最短で風俗営業許可が下り、開店することが可能です。

 最短での風俗営業許可を希望するのであれば、当事務所に迷わず依頼して頂きたいと思います。

1
PAGE TOP